melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/18 (Wed) ドラマダ


あっ、お気遣いコメントや拍手など有難う御座います、あやです。
幸か不幸か食欲は元に戻りつつあるようです。もうちょっと遠くへ行ってても、いいの、よ…
これは痩せるフラグ!と思ったのにな…ちょっとだけ残念です。


さて。
前回書いていた通り、うちにも一足遅れでドラマダがやってきまして。
三日間ほどドラマダ廃人になっておりました。
いやあ、購入するにあたりちょっと色々な方々に迷惑をお掛けしたり諸々あって大変だったりもしたのですが、無事にプレイすることが出来て本当に良かったです。
それというのも…この『ドラマティカルマーダー』というPCゲームは、画面エフェクトがかっこいい所為なのか結構なスペックを要求するもののようで。
うちのパソコンが果たしてその動作環境の条件を満たせているのかどうかってところが厳密によく判らなかったんですよね…
結局うちは大丈夫で、一度も強制終了の憂き目を見ることもなく動作が重くなることも然程なく、フルコンプまでプレイすることが出来たのですけども…もし今からプレイを考えている方がいらっしゃってその点が明確でない場合は確認してからのほうが良いのではないかなと思います。
しかし…うちDirectXのバージョン11なのに手動じゃないとインストール出来なかったのはなんでだったのか…まあもういいんですけど…

まあそんなわけで。
脳内クラッシュアドベンチャー『ドラマダ』の雑感を追記へ畳みます。
すごく長くなってしまったので、とりあえず今回は紅雀とミンクさんだけ。
ネタバレ全開ですし元々R18指定のBLゲームですから、これからプレイなさるご予定の方や歳若い方はこの先ご覧になってはいけませんよ。
実際…注意書きやなんかが色々あるというのに中高生のお嬢さん方も割とプレイされているようで、老骨としてはやれやれと肩を竦めたい気持ちで一杯なのですが。ううむ。
ともかく。それ以外でご興味おありな方は、ちらりとご覧になってみて下さいな!


あ、あと、引き続き壬生誕文章に拍手を有難う御座います!
そんなにじわじわと反応を頂けるとは思ってもみず。大変嬉しいです。
もしかしてアーカイブ配信の所為で皆さん剣風熱が上がっていたりするのかしら。
またネタがあれば頑張ります!
外法も書きたいですね!








えっと、とりあえずキャラクタごとに分けて書いていこうと思います。



<瀬良垣蒼葉>

ジャンクショップで働く23歳の非童貞主人公。おばあちゃんと二人暮らし。
非童貞である上にふざけて同性とキスしたり弄り合いをしたこともあるという、大変な子。
昔、厨二病をこじらせてた時期があって本人にとっては苦い過去だけど、その頃についたファンも実はかなり多いという…
疲れたり嫌なことがあった時はヘッドホンで音楽を聴きながら眠るというのが蒼葉流。
しかしそんな自己メンタル回復術も、最中は『表情がとんでもなくエロくなる』という欠点があるので要注意です。喘ぎ声も出ますしね。
覗き見した人をウッカリ悩殺してしまうこともあるようです。もはや最終兵器蒼葉。
髪にも神経が通っているという特殊体質なので或る程度伸びないと切ることが出来ず、やむなく幼少時から長髪スタイルで、その所為で小さい頃は女子に間違われることもあったという…
幼少時スチルを見るとそれも納得でした、ちっさい蒼葉ちゃんは天使のような存在だからな!(ミズキ風に)
あまりに天使なので、ウッカリとその天使スマイルを心の支えにして生きてきたという人もいるようです。蒼葉ちゃんのスマイル、プライスレス。
それから、脳内にふたりの人が住んでます。
ひとりは人の精神を破壊するというちからを持つデプログラマー、いや片山弘樹、いやいや暴露(スクラップ)ちゃんです。
そしてもうひとりは大天使です。
ただしこの大天使は『そんな装備で大丈夫か?』というよりは『大丈夫だ問題ない』と応えてくれる方、のようです。
まあこのふたりについては、のちに改めて。

非童貞なのはヤンチャしてた時のあれやこれなんだろうなとは思うんですが、ええ、別に非童貞でも全然構わないんですが……逆に、非童貞(そして処女)なのにこの子はなんで自分から受側に廻っちゃうんだろうっていうのがわたしにはちょっと不思議でしてね。
しかも自分でほぐしたりもしますしね。
いじらしいやらかわいいやらえろいやら……
でも受々した感じではなかったし、男気全開な時もあったし、お人好しだし優しいし、ちゃんとした喜怒哀楽のある子で大変良かったと思います。
エロカワ男気系男子ですね!


<紅雀>

紅雀の紅は鼻血の紅。あかいすずめの方。髪フェチ。
服装が坂田銀時っぽい、蒼葉ちゃんの幼馴染。
髪結師だそうですよ。
女の子がすきです、でも蒼葉はもーっとすきでーす!というイケメンにいさん。
共通ルート部分で描写される紅雀の女ったらしぶりとイケメンっぷりに、苛々ゲージが半分ほど上がってしまったわたしです。
蒼葉ちゃんの居ないとこでやれ!って思ったよね!(通りすがってしまったからまあ仕方無い)
しかしそんな女ったらし設定があるというのにこの人は…ものすごい蒼葉のセコム(自称)というか…俺のかわいい蒼葉に近付くやつは全員許さない!という鉄壁防御で…
紅雀が蒼葉の近くに居ることを唯一認めてたのはミズキだけだったんじゃないかな、結局…
…あ、もしかしてミズキは攻略対象に入ってなくて蒼葉とくっつく可能性がないから??
ハア……
ノイズ→ライムやってるし蒼葉の部屋に不法侵入したしモヤシだし論外
クリア→ガスマスクうさんくさい
ミンク→ブタ箱に帰れ!
ウイトリ→893だめ、ぜったい!
だものなあ…
いやまあ判るんですけど、判るけど、でもちょっとあまりにもおもしろすぎて…

紅雀は元々蒼葉との親密度があるわけですから、謎の男の陰がちらつく三角関係!みたいな展開になりましたね。
本当は謎の男を憎んでいるからこそ追い掛けてるわけなんですが、そのへんについてなんにも話してくれない紅雀に不信感を抱いたりモヤモヤしちゃう蒼葉ちゃん…
と思ったら、今度は蒼葉の方が謎の男と親しくなっちゃったりして。
素性の判らない怪しげな男の差し出す食品はパンであれお茶であれ絶対に口にしてはいけない、というのがキラルの鉄則ですよ蒼葉ちゃん!!!っていう展開に。

最初はよく判らなかったんですよね、紅雀がその竜峰をそこまで憎む理由っていうのが。
憎むなら父親じゃないのか、って思ったので。
紅雀を実家に連れ戻したのも父親だし、竜峰を抱えてたのも父親だし、自分の息子へ刺青を入れるように竜峰に命じたのも父親なわけですから…なんでそこで父親じゃなく竜峰に怒りの矛先を向けるのかな、と。
でもまあ……竜峰の入れた刺青によって狂っちゃってその所為で自分のおかあさんまで死なせてしまったんだから、うーん、やっぱり竜峰ゆるすまじ、なんですかね。
普通の刺青だったらああはならなかったんですし。
そしてその竜峰の手が蒼葉に迫っているのを知った時の紅雀の驚愕と怒りは一体いかばかりのものだったろうと思いますよね…
竜峰の狂気である刺青も、母を死なせたっていう罪もまだ背負ってなかった頃の、幼い蒼葉との思い出だけが彼の支えだったというのにね。
蒼葉を守る=あの頃の自分を忘れない、っていう、唯一自分を繋ぎとめられるものとして大事に大事にしてたのに。

で、まあ、フスマ地獄で酔ったり(わたしが)、いいよいいよ天国にちょっと笑ったり『なまける』と『まけるな』を行き来しつつ、EDです。
BADは白葉ちゃんがすごいうつくしかったですね!
白葉ちゃんが身につけてるあの朱い紐飾りは、当然紅雀のですよねぇ。
白葉ちゃんはしかし暴露ちゃんなわけで…暴露ちゃんといえば厨二なんですけど…あんまり暴露ちゃんっぽいぎらぎらはなかったですね。どうしてなのかな、まあいいんですけど。
GOODの方は……わたしが一番びっくりしたのは行為の最中で蒼葉の上に鼻血を垂らしたことではなく、紅雀が自分の気持ちを自覚してなかったらしいってことだったんですよね。
あそこまで!蒼葉蒼葉って叫んでおいて!着信履歴埋めておいて!それなのに!自分が蒼葉ラブ☆だってことに気付いてなかったとは!!!
いやあ…あれはびっくりした…
まあ、音楽鑑賞中の蒼葉のえろさに、俺の幼馴染がこんなにえろいわけがない!って怯んでたみたいなので、薄々は気付いてたのかも知れないですけどね…女好きな俺がまさかそんなって無理矢理抑え込んでいたのかも。

とりあえずリア充EDはラブラブ過ぎて、おま、ちょっとそのラブラブっぷりを10分の1でもミンクさんに分けて差し上げろ!!と思ってしまいましたが、短髪蒼葉ちゃんもかわいかったし、まあよかったねと。
桐箱保存はちょっと、うん、きもいですけどね。
紅雀が髪伸ばしてるのは、髪に痛覚があってなかなか切れなくて女の子と間違えられたりからかわれたりしてる蒼葉ちゃんを庇う意味で、だったのかな、と思うと、みかみゅん!!っていう感動があるんですけど、ただ単にペアルック☆的なアレだったりしたらやっぱり紅雀殴るしかないなって…ええ…

蒼葉ちゃんのことを情けなくベニに相談して呆れられたり励まされたり引かれたりする紅雀ください。


<ミンク>

一撃で人を軽く気絶させる男。
シナモンはミンクさんの匂い…
わたしシナモン苦手だけどアップルパイ買ってくるよ…ハスハス。
相棒オールメイトの名前はトリで、おい、とかお前、とか呼ぶ熟年夫婦な間柄。
しかもトリったらミンクさんのことものすごく理解してるんですよねぇ…やべぇ…
ミンクさんの言葉が少ないのと、思想が独特なのと、行動がおおむねDV的なので、絶賛なんだかわからんルートとして首を捻っている方が多いそうで。
わたしもちょっと覚悟してプレイに臨んだのですが……いざやってみると全然そんなことなくて。
普通にすごいときめきました。

自分の一族を研究の為に東江に殺されて。
唯一の生き残りで、だからまだ狙われてて。
なんとしても東江を殺してやる、そして自分も一族の許へ行くんだ、っていう目的しかミンクさんの中にはなくて。
その目的を遂げる為に蒼葉に協力させようとしてたわけですけども…
初めはそれだけで、というか目的をちゃんと遂げる為にそれ以外のものは全部徹底的に切り捨ててきたわけですが、チームの子たちに対する態度なんかでも判るようにミンクさんはどうしてもそこまで冷徹にはなりきれない人なんですよね。
その上あの光麻薬で、蒼葉が自分のちからを恐れるあまり無意識に『自分を壊してもらいたがっている』っていう、死に向かいたがってるような欲求を抱いているってことに気付いてしまったので。
(あの光麻薬のクラブに行ったのは、その前日に蒼葉ちゃんが着くなりソファで眠っちゃったりしてすごく疲れてたみたいだったからじゃないのかなーと思ってます。光麻薬は触れ込みだけは安全っぽい雰囲気だったし、蒼葉ちゃんをちょっとだけ晒してまあ少しだけでも息抜きっぽくなれば?と考えてのことだったんじゃないかなあ。半覚醒にする為、っていうのはないと思いますね、ちょっとびっくりしてたし)
そこから一気に親近感めいたものが湧いたんじゃないでしょうか。
死を望んでいるのはミンクさんも同じですし。本人も同じ匂いがしたって言ってましたしね。
壊して、というか俺をめちゃくちゃにしてっ!(ほんとです)って言われてあそこで『馬鹿が』って言ったのは、お前の周りにはまだまだたくさんのものがあるってのに俺とは違うのにそんなこと言うな馬鹿が、っていう意味だったんじゃないかな。
グリッターに帰ってからの『何もかも捨てて俺だけを見ろ』的レイプは…俺のところまで堕ちて来いって言ってたので、自分と同じく死の欲求を抱いているっていうなら希望とか抵抗とか捨てて自分みたいになれ、ってことだったのかな、と。
で、脱走後に捕まって三回目は。
殴ったのは自分の思う通りに、自分と同じようにはなってくれない蒼葉に対しての苛立ちみたいなもので…
そしてその最中に暴露ちゃんが出てきて、お前は俺を支配したいみたいだけど俺はお前のものにはならないからな!って言われて、そこで初めて蒼葉に対する自分の気持ちに気付いたっていう。
目的以外のものを徹底排除しようとしてたのに、いつのまにか蒼葉に執着してたんだ…っていう、ね。
だから、蒼葉ちゃんをベッドまで運んでからその傍らでミンクさんは祈っていたんじゃないかなあ…改めて自分の目的を思い出す為に。一族のことを思い出す為に。自分に言い聞かせる為に。
で、眠る蒼葉ちゃんの髪にやさしく触れるわけですよ…あああああ!あの時のミンクさんヤバイ!
まあ、すごいのは蒼葉ちゃんですけどね…行動だけ見ればガンガン殴られてガンガン犯されただけなのにミンクさんの気持ちをなんとなく汲み取ってるっていう…なんという妻っぷり…

で、まずBADですが。
その、うつくしい愛ですよね……
この先もしかしたら東江に捕まっちゃうかも知れないから、捕まったら間違いなく蒼葉はあらゆる研究に使われちゃうから、だから蒼葉の魂を守る為に首を斬り落とすっていう。
自分にとって一番大事なものが蒼葉の首なんだ、って言うミンクさんが本当にすごかった。
ミンクさんの一族の思想では、人間の身体の中で最も大事なのは頭部だそうなので。
スクラップに失敗した末の話なので唐突な展開ではあったんですが、ミンクさんの素直な気持ちも判りますしすごくグッと来ましたねぇ…
GOODの方は、簡単に言うと押し掛け女房EDなのですけども。
最後の最後で蒼葉を置いてひとりで東江のところへ乗り込んでいくあの場面もかなりきましたねぇ。
一言ぽつりと謝るミンクさんと、止めることは出来ないけどせめて死んで欲しくないんだってことを伝える蒼葉ちゃん…そしてその蒼葉ちゃんの言葉で東江の『呪い』をはね返すっていう…いやあ泣けた…
トリに対しての信頼も見れましたしね。あそこ本当に良かった。
ミンクさんが思いとどまったのは蒼葉の言葉もありますけど、トリが来たからっていうのもあったんじゃないかなあ。
チームの子たちが徐々に蒼葉を仲間として扱ってくのもかわいかった…

……ええ、あの、ET…!?っていうのは、思いましたけどね、わたしも。
というか、それしか侵入方法なかったっけ!?!?ってびっくりしましたけどね。
まあ……トリのチップを入れるとか、迎えに行く為の、とか色々使い道があったので、ええ、いいんですけどね。

とりあえずミンクさんかっこよかったです。
二回目の後ろからスチルは是非とも欲しかったところなのになあ…惜しかった…
蒼葉ちゃんは上に乗るのが多いよね…


 
ものっそ長くなってきたので、残りはまた次回へ分けることにします!





スポンサーサイト

プレイ記 | trackback(0) | comment(0) |


<<ドラマダ、その2 | TOP | 挿絵>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://silver0315.blog61.fc2.com/tb.php/627-f52716bb

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。