melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/27 (Tue) 最約一章終了


しばらく絵板が落ちていたようですね。
以前も同じようなことがあったのでとにかく放っておいたのですが、もし落ちている間に自動削除の条件である『一定期間書き込みしていない』というのを満たしてしまったらその場合はどうなってしまうのだろう…とちょっと思いました。
落ちてるー何もかけねー復活したと思ったら削除されてたー!っていう地獄のコンボ発動になってしまうんでしょうか…コワァ。


さて、先日大変安値で購入しました最後の約束の物語はようやく一章を終えました。
かなり長かったような気がしたので、一章終了、の文字が出た時はちょっと驚いてしまった…そんな区切りがあったんだ!という。
物語的にもようやく目標が定まったというか、ここからが本番だ!というような感じだったので、一章はもしかするとチュートリアルだったのかも知れません。
長かったけど。すごく長かったと思いますけど。
まあその、そもそもどういう物語なのかといえば、優れた魔法文化によって栄華を極めていた国が魔法を持たない国の機械兵たちに攻め入られ今まさに滅びようとしている…という場面から始まり、諸事情によっていきなり軍の総司令官(王様と同等地位)を任されることになった主人公が一部からの不信や大変な重圧に耐えながらも民を守りつつ機械兵たちと戦っていくというものでして。
一章では、金髪ツインテール女子に思い切りなじられたり、正義一直線男子に思い切り不信感を投げつけられたり、唯一の親友がちょっと優し過ぎて逆に不安になったり、眼鏡教官にちょっとときめいたり、立て続けの悲劇にも関わらず王女が割と強かったり、元盗賊のセクシー系女子があからさまに主人公ラブ!でちょっとときめいたり、といった感じでした。
…さっぱりわかりませんね。
いや、もちろんたくさんの民を避難させたりもしてましたとも!
オペレーターのリゼットさんから渡される依頼は占拠されてしまった区域の奪還と、民の救助、という二種類に分かれているのですが…
奪還の方を選ぶとリゼットさんの反応が微妙というか…奪還任務を選ぶということはつまり民の救助を後廻しにするってことになるわけですけど本当にそれでいいんですね?っていう風な言われ方をしてしまうので…
これは救助を選べってことなの??ということで一章はずっと救助のみに明け暮れていたのですが、二章からの目的が諸事情により『民を集めること』というものになったので、じゃあやっぱり救助しといてよかったんだなって…
…いやいいんですが、なんかその、二章以降は余計に救助しか選ばない方向になりますし、じゃあこの奪還か救助かっていう選択肢の意味は何だったのかな~と思わなくもないというか。
まあ、奪還任務を選んだことがないのでそのあたりはよく判りません。

戦闘は。
オーソドックスなコマンドを選んでターンが進行するタイプのもので。
キャラクタ育成は、レベルアップ時に得たポイントを各スキルに投入して色々覚えさせていくという…セブンスドラゴンとか確かこんな感じでしたっけね?
例えば、ディアのレベルを3まで上げるとメディアを覚えられるようになるとか、そんな感じ。
独特なのは、魂のヒットポイント(SP)がある、というあたりでしょうか。
通常のヒットポイントがゼロになって瀕死状態にあるキャラクタが更にそこから攻撃されると、今度はSPというものが減っちゃうのですよね。
これはなんと、回復手段がないそうです。
仲間の誰かが命と引き替えにして繰り出す超必殺技以外には。
なので…こまめに回復することが大事です。
しかしこのゲームにはもうひとつ、敵の機械兵に『敵対心』というものがあって…まあ要するにターゲットロックオン☆されることなのですけど、回復魔法やら回復薬を使うとてきめんにそのキャラクタへの敵対心がハネ上がっちゃうからちょっと難しいんですよねぇ…
薬はともかくとしても回復魔法担当の子っていうのはやっぱり防御力弱めですし。
その都度、主人公が敵の眼を自分の方へ向けさせる技を繰り出さなければならなくてね。
ちなみに主人公は指揮官で皆を守る!という役割を担っているようなので、戦闘中はおおよそ壁役です。
俺を見ろ!→ガード→俺を見ろ!→ガード、の繰り返しです。大抵は。
攻撃関連の技を覚えさせる必要ないかも、ってちょっと思ってしまうくらいです。
まあその…皆を守るべき存在なんだということは判るのですが、主人公があまり活躍出来ないというか…このあたりはウーン…寂しいというか残念というか。微妙なところですね。

一章を終えるまでプレイしてみてじわじわ感じたアレっぽさはまだあって。
どの部分も少しずつ説明が不足しているのと、あと、色々と辻褄の合っていない設定が多かったりするのですよね。
精鋭騎士七人は皆いずれも専用の黄金武器を継承した人たちなわけですが、なのに普通に新しい武器(もちろん違う名前の)を買ってホイホイ使うことが出来てたりとか。
(しかし黄金の武器はSPを消費する必殺技専用、っぽいので、彼らはつまり武器を二種類つねに携帯しているということなのかも知れず…でもムービーシーンではみんな黄金の武器を持っていて…そりゃまあグラフィック固定出来るっていう面でそっちの方が便利ですけど、ううう)
せっかく専用武器だぜ!みたいな設定があるのですから、新しい武器を購入するんじゃなくて専用武器を強化していくってかたちになってれば良かったのになあ。
ユグドラの民にとっては、何だこいつら魔法が効かない!?っていう恐怖の存在だった筈の機械兵が、いざ戦闘に突入すると普通に毒状態になったり睡眠状態になってくれたりする、とか。
べ、便利だけど…でも、なんか…ううう。
キャラクタごとのあれやこれは多分誓いイベントをこなしていくと見えてくるのかなとは思うのですが、それにしても基本的に語っておいていいんじゃないかなって部分もあるわけで。
色んな部分が色々と惜しい感じがします。ウーン。

とりあえず一章が終わり、王女から『最後の切り札を起動する為にはあなたが騎士の中から誰かひとりを選んでその相手とセクロスする必要があるのよ』と言われ(ぶっちゃけそういうことなんですよね??)、主人公は苦悩し、中の人(わたし)は吹いております。
どういう。ほんとどういう…
ニワカ指揮官である主人公はどうにも風当たりが強いのですけど、その中で親友ラシュディさんだけは最初から大層やさしく、突っかかってくる子をなだめてくれたり慰めてくれたり励ましてくれたりして本当に非の打ちどころがなくて…
だから、相手はその親友にしようかな、と考えているのですけど(同性可ですから!!)でも、僕と君の仲だろ…?と三点リーダー付きでささやいてきたり、部屋の中に私物らしい私物がまるでなかったり、あまりにもやさしく穏やか過ぎるので、ちょっと…
実はものすごく腹黒かったりするんじゃ??と疑っていたりもします。
ほ、本当に主人公を彼に委ねてしまってもいいんだろうか…
それとも部屋が本やら三角フラスコやら謎の頭蓋骨で占められている眼鏡のジャイロ教官にしておくべきなのか…歳上だしなあ。それに参謀だし。戦闘のこと以外は朴念仁っぽいようですけど。
悩みます…
女子だったら断然セクシー盗賊・マラルメさんなのですけど!
でも残念ながら相手はひとりだしな…フウ…


何となくどういうゲームなのかは理解出来たので、サーカディアの方を始めたいですね。
サーカディアは絵も描きたいんだ…!


文章もひっそり進行中です。鬼祓師の。
ものすごく他愛がないので拍手お礼用にしようかと思案しているくらいなのですが、しかしそれがどうしてさっさと素早く出来上らないのか。
こちらも頑張ります。




スポンサーサイト

呟き | trackback(0) | comment(0) |


<<御屋形様アアアア | TOP | ポルナレフ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://silver0315.blog61.fc2.com/tb.php/621-7e566fc1

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。