melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/10 (Sun) 二度見、三度見



そういえば書こう書こうと思いつつ忘れていたのですが、新作コルダ。
あれのキャラクタがおもしろすぎるというかあたらしすぎるというか。
少し前に吃驚していて最近また覗いてみたら、サブキャラクタがものっそ増えていて。
何だろう、あの声と見目のシャッフル具合とサブキャラクタ大量投入は遥か四ですか。
うん、遥かならまだいい。遥かの世界観ならまだ頷けるけれども。
コルダだろ?
楽器だろ?クラシック音楽だろ?
と、何度も確認したくなるあのキャラクタたちは一体どうしたのですか。
わたくしジャス学を思い出してしまいましたとても。
……今回、学校対抗のようですから、各々学校の特色を判りやすく出していこうというのは
判ります、でも、あの。

とりあえず、至誠館のトランペット、こわすぎるだろと。
学校の名前が既に某暗殺者養成学校チックだろと。
なんでピックアップ台詞が『敵である以上容赦しねえ…』とかなんですかと。
制服の裏に刺繍入ってるよ!
音楽だよね?ていうかコルダだよな??
これはあれか、この人は、恐ろしい顔だけど雨の日に仔犬を助けるイベントとかあるんだろか。

天音のヴァイオリンもこわい。
この人も制服に独自の刺繍が。独自じゃないんだろか。
台詞がまた、とてもクラシック音楽を舞台にしたゲームの台詞だとは思えない。
恋愛シミュレーションの台詞であるともちょっと思いづらい。
遥かならいいけど、でもあの(略)。
名前も冥土の冥、という字が入っちゃってるところがまた。
彼に心酔してるらしいチェロ奏者もおもしろすぎです。
このチェロは前述の火積君と並ぶともれなく喧嘩番長です。素敵すぎる。

油断せずに行こう、と言われそうな眼鏡先輩とか。
采配の藤堂だよね?とか。(あの制服すごい)
クマ?とか。
みなさん一騎当千の猛者ですよ。ツッコミ疲れるよ。

ニアちゃんが気になります、色んな意味で。



全然買うつもりはなかったのですが、キャラクタが斬新すぎるので俄然気になり始めましたよ。



スポンサーサイト

呟き | comment(0) |


<<これがゲーム脳か! | TOP | グローバル!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。