melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/20 (Tue) 絶望の果てと希望の芽


何となく狩り再燃しております。あやです。
セカンドちゃんもいよいよジンオウガを倒すことが出来まして、おれたちのたたかいはこれからだ!的なアレです。
マギュル装備は髪型が見えなくなるタイプなので何か他のものに着替えたいのですけど、溜め短縮が必須スキルなのでどうにもままなりません……
現在集会浴場がまだノータッチでハンターランクも1のままですし、そうするとお守りでスキル後付けすることも出来ませんし。下位じゃ溜め短縮出ないですもんね、くそう。
しかしそれにしても、あまり女子を操作している!という気がしないのは何故だろう……
女子用装備を見たくてセカンドちゃんを作ったというのに……
(きっと戦闘中に余裕が無さすぎる所為)


ダンガンロンパはクリアしました!
まあその……前の記事で危惧していた通り最後の方がちょっとモニャ?というかウーン??だったりもしたんですが、それでも途中でのワクワク感はかなりのものでしたので、総合的にはおもしろいゲームでした。
いわゆるネットスラングやオタクスラングがたまに出てくるのでそちら方面に多少明るい方(まあウチを覗いて下さっている方なら全く問題無いと思います)、CERODの名に恥じないエロネタ(絵じゃなく会話の中で)も多少出てくるのでそちらも許容出来る方、血液の表現はペンキ色なので大丈夫だと思うのですが処刑とかそういうやや黒っぽい世界観でも大丈夫な方、濃いキャラクタどんと恋!な方、にはオススメ出来るんじゃないかなと思います。
自由行動の時に誰かひとりを選んで一緒に過ごすことが出来るのですけど、その際にそのキャラクタの好きそうなものをプレゼントしたり正解の選択肢を選んだりすると好感度が上がって色んな話をしてくれるんですよね。
それもおもしろくてね……
学級裁判時に有利になるスキルなんかも時々教えてもらえますし。
わたしは趣味全開で十神とさくらちゃんくらいしかあまり話せてないんですけど、全員の話を網羅したいなあ。
キャラクタによっては結構序盤で消えちゃったりするので、網羅するにはなかなか綿密な計画と繰り返しプレイが必要です……
もう少し突っ込んだ雑感に関しては追記へ畳みますね。

ドロワにてダンガンロンパのらくがき増殖中で御座います。
頭の中に在る絵をそのまま描き出せないっていうのは相変わらずさびしいことです……


ペルソナアニメはちゃんと毎週観ているのですけど、何故か最近あんまり記憶に残っていなかったりします。なぜだろう。
しかしみつおは怖かったですねみつお。
ああやってアニメで普通に動いて普通に喋ってると怖さ倍増です。
全宇宙のナナコンを敵に廻しましたしね、彼は……
かわいそうにな、相手が悪かった。菜々子はいけねえよ菜々子は。
今後楽しみな場面っていうとなんでしょう……やっぱり文化祭かな……!


手描き分の年賀状絵をせっせと描いております。
といってもまあ、ほんの数枚程度なのですが、超絶久し振りにペンで描いたりするとすぐやりなおしをようきゅうする!!とかいうアイタタな状態になってしまって眼もあてられません。
デジタルって本当にひとをだめにしますね……なさけねえぜ。
印刷分もそろそろやらなければ。






まず、えっと、毒の回から。

個人的にめっちゃ寂しかったです。まあ無理もない。
さくらちゃんが自決という道を選んでしまったことも寂しいけど、それに加えて葉隠、腐川、十神の三名が大層ひどい。ちょっとひどすぎる。
まだ何にも話してないのに黒幕と繋がってたってだけで恐れ過ぎじゃないっすか……
今までのさくらちゃんのひととなりを見てきたなら、もうちょっと理解出来たと思うんだけど……
そこまで疑心暗鬼になっちゃうくらい、彼らの置かれている状況が異常なんだってことなんでしょうね。
ああ、それにしてもさくらちゃんだいすきだったので本当に悲しかった。
そりゃ朝比奈さんだって怒るさ。
大変な決意をして自決してしまったさくらちゃんの遺書をすり替えたモノクマもモノクマでしたけど、彼女の誠意がほんの少しだけ皆の心を変えた、というのはよかったなあとすごく思いました。せめて、ですよね。
あれ以降、結局あの面子は殺人を犯すことがなかったのですし。

それにしても、最後の十神はアレ、デレ……?? デレだったの?
十神はツン過多というよりは色々判ってなさすぎて、わたしの中ではかわいそうな子、になっております。
かわいそうな子ゆえになんかこう、いとしいような不思議な気持ちですよ!


次はなんでしたっけ、きたる!覆面!の回ですかね。

ここでさすがに色々と予想がつき始めてしまいましたね。
記憶喪失なのはあの写真の件で判ってましたけど、むくろさんの遺体状況と生物室のランプで黒幕のこともね。
しかしここでもし黒幕の思惑通りに事が進んでいたとしたら、黒幕の手によって苗木くんは殺され、そしてその罪は霧切さんになすりつけられて……そうすると残った面々はまた大層マイナス方面へ流されやすい葉隠、腐川、十神組なので霧切さんがいくら真相を主張しようとも多分聞く耳持たないと思いますし、当然彼女が処刑されちゃうわけで。
黒幕にとっての脅威であり邪魔者である苗木くんと霧切さんは一挙に消されるってことになっちゃうんですよねぇ。なんとおそろしい。
残った三人は多分殺し合ったりしないでしょうから一生そのまま学園内で暮らすことになると思いますけど、結局そうなったとしても黒幕も一緒なわけですし、いずれ飽きて殺されてしまいそうな気がします。
一生学園内で生きろ、と黒幕は言うけど、奴は多分そのまま生かしておきはしないんじゃないかな。
最後の選択肢はバッドの方も見ました、葉隠の占い当たってるゥゥゥ!っていう!
し、仕方無いこととはいえ一妻多夫……!
腐川さんがお亡くなりになってるのってなぜなんです?!十神の仕業じゃないんですよね??
と、色々びっくりしつつ、正解の方でもどきどきしました……だってアレ、どう考えても死ぬじゃないですか……
まさかあそこでアルターエゴが……不二咲ちゃ―――ん!!!(´;д;`)
学園長のこととか真相を目指すっていう強い目的があったのは判りますけど、それにしても無実だと知ってて苗木くんに罪を着せたままにしたのは霧切さんもちょっとどうかと思う。
アルターエゴが頑張ってくれなかったら苗木くん普通に死んでましたからね!
その後、カップラーメン頭にかぶった状態で助けに来てくれた霧切さんはまあその、かわいかったですけど。カップラーメン……



そして最終決戦。

色々予想がついてしまってたのでここに来てワクワク感が薄れてしまったのですが。
黒幕もね、前の回であの子なんだろうなって判ってましたけど、しかしまさかあんな不思議なキャラクタだとは思いも寄らず。あれはちょっとびっくりしました。
中の人、すごい大変そう……!(腐川さんもですけど)
苗木くんが超高校級の幸運であると同時に実は超高校級の希望で、超高校級の絶望を打ち砕く存在なんだ……というのはすごく最終回っぽい盛り上がりになって良かったと思います。
明かされた真相に絶望するひとりひとりに『希望』を撃ち込んでいくのもよかった。
、んですけども。
まあその……やっぱり気になるというか唯一残念だったのは、一番のキモになっている史上最悪最低の事件に関しての詳細がほとんど明かされずに終わってしまうというところでしょうかね……
詳しくは小説で☆としても、もうちょっとなあ……もうちょっとだけでいいからこういう事件だったんだよ!っていう最低限の説明は必要だったんじゃないかなあ。一枚絵とかでもいいですから。
そうでないと、せっかくここまで積み重なってきた物語の礎がフニャフニャになっちゃってすごく残念ですし。 
ウラ設定みたいな部分なら小説で☆でもいいと思うのですけど、これはキモ部分だからなあ。うーん。
あとはまあ、細かいところですけど空気清浄機とか……あのあたりも説明が不足してた気がします。
基本的に外の状況に関する説明がごっそり抜けてるので、それに付随する部分全ての説得力がガクンとね……
すごく独特で面白いのに、最後の説得力不足の部分は本当に残念でした。
それともうひとつ、彼らの記憶は結局戻らないままなんですかね??



最後の説得力や説明不足の感は確かにあるものの、総合的にはおもしろかったです!
一番いい子だったのは不二咲ちゃんだと思う。苗木くんもすごくいい子ですけども。
女子勢はさくらちゃん別格で、結構すきだったのはセレスちゃんでしょうか。なんかちらちら出てくる意外性が。
十神は残念過ぎるイケメン!一枚絵の十神は全部うるわしかった!

あと、開放されたアートギャラリーではケンイチロウさんがイケメン過ぎてどうしようもなかったです。
ケンイチロウさんのイケメンぶりには十神もかなわない。かなうはずもない。
彼はだって性格も男前で地上最強の男なんですよね?それで顔もイケメンだなんてそんな。
そりゃさくらちゃんも惚れるってものです、誰だって惚れるさ!
集合写真的な絵は全部良かったです、かわいくて。
かわいいぶん切ないですけど。
でもあの、体育祭っぽいやつ、あれは……えっと、不二咲ちゃん……、…………
……かわいいからいいですけどね!

皆の話を聞いて通信簿の欄埋めていきたいですけど、なかなかあれは大変ですね。
序盤で死ぬ彼らは特に大変です。
最後まで生き残る面々は逆に後廻しでも大丈夫なんですけど……初回プレイじゃ判る筈ないですから仕方ないですね……

2は南の国が舞台だそうですけど、これから一体どんな風に物語が発展するのかちょっと興味あります。
求む続報!




スポンサーサイト

プレイ記 | comment(0) |


<<お返事です | TOP | 超高校級の希望と超高校級の絶望>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。