melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/19 (Wed) お返事です



初USJしてきました。あやです。大阪人です。
3D酔いしますね、すごく……
しかしよくよく考えてみると3D系のゲームですら酔う方なのですから、これはまあ当然の結果とも言えます。
そして肉とポップコーンで満腹になりました。(…)


さて、拍手とコメントを有難う御座います!
お返事が遅れてしまい大変申し訳ない。
16日分のお返事を追記へ畳んでおりますので、お心当たりがおありの方はお時間あります時にでもちょろりとご覧頂ければ幸いです!
ひとことメッセージも有難う御座いました~が、が、がんばります!



狩りは。
ついにソロでアカムトルムを倒すことが出来ました!
……といっても、ソロで挑戦したのは今回が初めてだったのですが……
以前三人がかりでもなかなか倒せなかったことがあってそれがトラウマになっていたので、怖くてなかなか挑戦出来なかったんですよねぇ。
鬼ホーミングで追い掛けられる→下敷きになる→腹の下でアワアワしてたら尻尾にブチ当たる→ピヨる→下敷きになる→猫車
という、何ともいえない一オチを喫してしまったものの、帰還してからは何とか。
強撃ビンを調合分も持ち込んでいけば良かったです、そしたら少しは時間短縮になったかも知れない……討伐まで30分くらい掛かってしまったのですよ。
しかしまあ、何とか倒せましたし良かったです。
玉もふたつ出ましたし。しかし相変わらず牙は…壊しているのになかなか出ないなあ。
ジョー、アマツ、ウカム、アカム、と討伐成功出来ましたので残るはアルバトリオンのみですね……
弓だとラクな相手だとかよく聞くのですが、どうも個人的には苦手な相手なのでちょっと、無理な気が、します。

余談。
アカムトルム戦にはダンとオカシラを連れて行ったのですが、オカシラがすぐソニックブラスト中のアカムへ突撃してしまってもう。
オカシラ、それ勇敢とちゃう。無謀や。
サインとか出せば良かったですね、悪いことしたなあ。
ダンは勇敢じゃないので(いやオトモの性格的な話ですよ?)相変わらずハンターさんの後をついてまわってましたねぇ。
まあ、賢明かも知れません。









<隊長

こんにちわ隊長、コメント有難う御座います!

やった!ペルソナご視聴おめでとうございます!
一話もご覧になられたんですね、わたしも先日のニコ配信観てたのですよ~一緒に視聴していたのかなと思うと何だか不思議な気持ちです(*´∀`*)
そうなんです。隊長が感じてらっしゃるように、展開速度が非常に速いのです。
P4といえば一般的な長さを持つ普通のRPGですし、それをラスボス戦まで描き切ろうとすると尺の決まっているアニメでは当然ながらかなり難しいっぽくて。
ここは絶対に入れないと!という場面も多いですし……そうするとやっぱりああなっちゃうみたいなんですよねぇ。
ゲームプレイ済の身からすると削られている部分の多さが判るだけに、まあその、出来るならもう少し丁寧に色んな過程を描いてって欲しいかなというのが本音なのですけど。むつかしい問題ですね。
ゲームですとやっぱりプレイヤー=主人公ですので自分のペースで進められるというのもありますし、テレビの中に入るまでのこととか、中の世界でのこととかも、もうちょっと色々描写されております。
勿論、学校でのこととか。主に花村のあたりとか(笑)。
それに何よりゲームでは主人公が喋りませんので、受け答えや会話なんかは全て選択肢になるわけですけども、アニメでは選択されなかった言葉というものも当然あるわけで! 
これがおもしろいです。
CM前に主人公のパラメータが出てたと思うのですが、あれ如何で選べない選択肢とかあったりするんですよ!
ニコ配信のコメントにも出てたのでもしかしたらご存知かも知れないのですが、たとえばあの珍妙な担任教師に『都会から田舎へ来た、いわば落ち武者だ!』って紹介された時にプレイ二周目でもし勇気パラメータが高い状態なら『誰が落ち武者だ』と言い返すことが出来たりします(笑)。
一周目はどう頑張っても無理なので、とにかくスルーして『よろしく!』とか無難な台詞を選ぶのが関の山なのですけど!
ともかく、ゲームですとそういった楽しさがありますので、もしよろしければ是非に!
こ、コントローラは、コントローラは……PS2用であればそう高くない値段で売ってるかも知れないのですけどどうだろう……デュアルショック付きだと安くないのかな……
もし周辺機器も取り扱っている中古ゲーム店なんかがお近くにありましたら、比較的安価で手に入るのではないかと思うのですけどねぇ……うー、あればいいのに!ゲームも今なら結構安価ですし!

うちのダンですが。
そうなんです。ベテランでも、オトモランキング一位でも、なつき度マックスでも、決してさぼらなくなるわけではないのですねぇ……ひどいです。
しかも、よりによってあるじであるハンターさんが火ダルマになってごろごろ転がってる時にですよ?
蹴りたくなるわたしの気持ちもきっと判って下さったのではないかと思います。
七代と壇ならですか、そうですねぇ…………七代が苦戦しているのにも関わらずハッと気付いてみればすぐ近くでうとうと居眠りしている壇、ということになりますが、確かにそれは一体どういう状況なんでしょうね?(笑)
『んなやつ相手にお前がやられるわけねェしよ』的な間違った信頼っぷり??
もしそんな感じになった場合、七代の方は決して助けて欲しかったのに、とは口にしないと思うので、とにかく自分だけで何とかして、そして黙って向こう半月はもう壇を連れてかなくなるんじゃないかなあ……(笑)。
何を怒ってるのかと訊かれても言いません。ええ、絶対言いません。無視です。
まあその、多分、見兼ねた白(と雉明)がこっそり原因を教えてくれるんじゃないかと思いますけどね、すごく呆れた顔で。彼女たちは普通に、七代派ですから。七代の味方なのです。
七代でなくわたしの場合も蹴るだけでは飽き足らなかったので(だって当たりませんし!)しばらくの間、暇を出しました(笑)。
ここのところずっと連れて行っていたのですけど、ミギーと交替させることにしたのです。もうひとりは偶然というか当然というか、オカシラで。
ミギーには回復や解毒、ぶんどりも一通り覚えさせてありますし、すごく使いやすい子なのですよね。
……ええ、相棒ポジションを解かれて盗賊コンビからバーカバーカって指差されてる壇が眼に浮かびます。
人選(猫選)に他意はなかったのですが……(笑)。

うっかりと長く書いてしまいましたすみません、コメント有難う御座いました!






スポンサーサイト

お返事 | comment(0) |


<<お返事です | TOP | サルベージ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。