melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/15 (Wed) フラグクラッシャー



今更なんですが喧嘩番長関連の記事は『プレイ記』カテゴリにしておけばよかったかな、って……思ってます……あやです……
勿論、記事のカテゴリというのはあとからでも変更可能なのですが、お返事記事にもゴリゴリとプレイ模様を書いてしまっているのでちょっとそのぶんがね。
通して読むとそこだけ抜けてる状態になるわけで……そんなわけで断念するしかないのです。
喧嘩番長に限らず、そんな感じの理由でプレイ記でなく普通に呟きカテゴリへ分類されているプレイ雑感記事というのが割と数多く存在していたりします。
モンハンとかもそうだったんじゃないかな……ラストランカーとか遥かはどうしてたっけ。
全く不親切極まりないブログです。カテゴリに偽りあり。


そんなよく判らない理由で嘆きつつ、喧嘩番長4です。
もう12月ですよ、相変わらずうちの速水は上着を着用してないのですけど!

・トシって学校休んだ時の不良にいちゃんみたいですよね(見目)
・トシがキレてるのはきっとオザが負けた所為
・トシオザが溜まり場へスジ通しに来た場面……悶絶し過ぎて倒れた
・トシの言う完敗の意味を考えるとものすごくもえるし、単純にこのふたりが潔くてかわいいし
・それになんだ、森、森……自己紹介が『森と申す』ってお前…!
・恐縮しまくってる葛城のかわいさたるや
・そして一気に増殖するスクリーンショット(またか)
・三上と菊田の名前をどうにも覚えられない
・反町の壮大過ぎる計画をどうにも理解することが出来ない
・ぶっちゃけ押し売りというか恐喝というかですよね?(理解力に自信がない)
・反町とヒムのなれそめを知りたい
・全部ぶっちゃけたあたりのヒムが完全に騙された愛人、といった雰囲気過ぎて
・ヒムは金儲けとかなんとかいうよりもとにかく反町がだいすきだったんだろ?
・速水とヤマケンは阿呆過ぎた所為で乗らなかったけど、化石くんは凡人だったので乗ってしまったということですね
・化石くんは涙ながらにきっと謝っただろうけど、森と葛城は絶対化石くんを恨んだりはしないと思う
・あのあたり、この三人に電話をかけると状況がちょっとだけ知れてハラハラするやらもえるやら
・ついに友人の為にキレた速水にときめいた!
・八神もちゃんとその中に入ってる!わー!
・というか、ヤマケンはあんまり彼らとつるんでなかったのになんで速水よりキレてるの
・くっそ、三上と、えっと、菊…田め!と思ってたけど正座させられてる彼らを見た途端、急にかわいそうになってしまってね
・戻ってきた八神のあの振り向きが最大級の八神デレ…!
・たこさんのかわいさがマスコット級
・たこさんが何をおごってくれるかなんてあのシャツを見れば一目瞭然なのに
・たこさんも諸星さんもこの時はふたりとも高校生だったなんてほんとにおかしいよ…!
・ヌリカベくんをわざわざ倒したのに愛ちゃんのクリスマスフラグを自らヘシ折ってしまった件
・綾乃さんを選ぶつもりだったのに!綾乃さんのイベントをまさか落としてたなんてそんな!
・結果:拾えてたのはマイマイのみだったという話
・4のイベントはどうにも逃しやすいです先生……
・オカマ先輩のイベントも起きてないんだけど…!
・高い位置にあるタン語の拾い方は判りましたが(必殺ジャンピングメンチビーム!)雀卓は未だに見つからない
・ピザ買い込みの為の資金が必要なので、ポーカーでチョコレートを巻き上げては田城に売りつける日々
・正直、パー券やらなにやら並に何となく後ろめたいですよ
・裸学ランって胸キュン?

いやあ……このあたりはイベントが濃かったですね!
トシオザは予想以上にかわいいふたり組でした。
武器を使って自分たちを病院送りにした三沢に対しては決して負けたとは思っていないけど、逆に武器使っても数で攻めてもどうしても勝てなかった速水とヤマケンには完敗したと思う、というのは……ものすごくスジが通っていますよね。
だからこそ、負けた時の『俺って弱かったんだな』っていう台詞なんですし。
突き付けられたその事実に年齢関係なく従おう、というのも大変潔いです。
それを言い出したのはトシだろうけど、ちゃんと渋々ながらもトシについていくオザがかわいいなあかわいいなあ。個人的には速水のこときらいなのになあ。
そして、悪代官一味の悪だくみがいよいよ本格化するわけですが……
主にヒムがなんというか……女の情念みたいな感じで……ちょっと笑っ……いやいや、うん、散々尽くしたのに切り捨てられる手下、というのはせつないですよね。ええ。
ああ俺もその他の手駒と一緒だったんだ、っていう瞬間はね。
反町はしかしあのあと、ものすごい目に遭っていそうですね。合掌。

とりあえず、今回プレイした部分で強く言っておきたいのは、

森が癒し過ぎる

ということですね。
強敵と書いてともと読ませたり、森と申す…とか自己紹介しちゃうくせに、電話で一度呼び出してる状態で再度電話した時の台詞が『ちょ、速水、うしろうしろー』ですからね。
ハンサムエスケープしたいくらいのかわいさですよ。うわああああ。
5の人物紹介欄を読むと森と葛城は仲良しだそうなのですが、4で未だそれらしい描写はなく……
これから出てくるのかなあ。だとしたら楽しみです。
森と葛城ってしかし……ものすごいかわいいものコンビですね……

4を一通り終えたらまた5での紅南を見直してみたいです。
違った気持ちでプレイ出来そうですものね。




スポンサーサイト

呟き | comment(0) |


<<お返事です | TOP | ときめき喧嘩メモリアル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。