melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/25 (Fri) 愛しい子



ほとんどの時間を遥かに吸い取られておりました……も、もうしわけない……あやです……
コーエー通販に頼んでいたので発売日前日に到着していたのですが。

現在、終章まで行きまして、さあここからが俺たちの戦いだ!みたいなところです。
色々な雑感は追記へ畳みます。
恐らくネタバレもあると思いますので(ネタバレレベルによっては更に反転させておくつもりですが)、おのれネタバレ!我が仇敵!という質の方はお進みになられぬようお願い致します。









とりあえず、キャラクタごとに色々書いていきたいと思います。



・今回の神子
鈍感さはバンビと張るくらいじゃないかな、という……さすがの主人公。
普通にかわいいです。
ものすごくぐっと来るわけでもないんですが、何かが鼻につくわけでもないし、こういうゲームの主人公としてはいい度合いなんだろうなと思います。
あ、鈍感さから派生した脅威のスルー技は結構すきです(笑)。

・都
こころのともが言った、『男の娘の逆バージョン』というのはとても言い得て妙だと思います……
予想以上の男っぷりです。そして予想以上の過保護っぷり。
主人公の為ならば、男性の振りをして他の女性に色眼を使うこともいとわない……
己のイケメン的見目を普通にうまく利用しているなんて……すごいです。
経緯はとても判るけど、主人公のことを天使!と言っているのもすごい。
眼の遣り場に困る程のいちゃつきぶりもすばらしいですが、その遣り取りにもう慣れたらしい桐生兄もすばらしいです。

・桐生兄
予想以上の敬語っぷり。
身の上はまあ、予想していた通り。しかしそれは白虎の役目ではないのか。
全ての原因は、兄が主人公ばかりかわいがって、自分の弟を蔑ろにした所為ではないのかな、とわたしは思っていますよ。
戦闘中ボイスがすごくミギーです。

・坂本さん
予想外のかわいさ。
いいひとだし、よく照れ、素直で、とても主人公が好きみたいですね。
4のあの人に見目が似ているのに素直でかわいいのでちょっと戸惑いました(笑)。
勝さんから背中を押されている場面での彼がかわいかったなあ。
彼と主人公の謎の出会い?が気になります。
あ、でも、もっと土佐弁でも良いのよ…?と思ったりしました(土佐弁好き)。

・チナミ
予想外のかわいさ。
お兄さんはしかし初見時から嫌な儚さがありましたよね……
彼のツッコミはわたしのこころの声とシンクロすることが多いです。
しかし彼の武器はすごいですね。
それはどちらかといえば、福地が持つべき武器かも知れませんよ(殿)。

・沖田
何となく印象が薄いのですが……何故でしょう。
見目はかわいいと思います。
戦列から離れて療養中、とか言われるとズーンと来ますが……
近藤さんと土方さんもかわいいですね。土方さんは何だか意外なキャラですね。
しかしチナミは明らかに朱雀顔ですが、沖田はどちらかといって玄武顔なんじゃ……

・福地
変態純粋ストーカーポエマー。
派手で女性にいつも囲まれていて…と、すごくもんちゃんを思い出してしまうのですが、もんちゃんにしてはかなり純粋で、その代わりに変態チックで、そして神子特別号の瓦版を勝手に売り出してしまうポエマーでした……
うん……多分、出自が出自だから龍神伝説のことを調べていて神子にすごく憧れていたんだろうな、だからひとめぼれしちゃったんだろうな、というのは判ります。判りますがしかし。
あまりに……神子以外の存在との差異がな……
特技は人の着物にモノを挟むことですね。
しかし単なる変態かと思いきや、しっかり白虎っぽさがあったりして。ねえ。
まあ、この人の場合は騙されていたわけですけども。
わたしのおうち発言のところで腹筋が爆発した。

・小松
何となくおかあさんっぽい。
口調が面白くて結構すきです。
馬鹿なの?と言われると笑ってしまいますが。
口は悪いですが、普通にいい人ですね。
西郷さんがね……小松ラブ過ぎてちょっとどきどきしましたよ……
しかし白虎、なんで逃亡したのかなあ……そんなに小松がいやだったの……(笑)。

・佐藤さん
こわい。
彼は柚木先輩でした……
でも、秘密にしておいて下さい、と言いつつ、結局本性さらけ出してましたよね?
主人公の留学設定はここで必要だったのかなあ、と思いました。
さすがの発音で何だか安心の英語台詞です。
しかし佐藤さんは何故玄武なの……朱雀じゃないんですかこういう人は……(笑)。

・高杉
顔は好みです。
我が天命……って言ってくれるといいんですが。エンディングででも。
頭がいいのに、すごい無茶を平気でする人ですね。

・桐生弟
全く、なんといったらいいものか。
みんな、もっとぼくにやさしくしてよ!という叫びが聞こえました。

・天海
ええ……まあ何となく判っていましたよ、愛しい子……
色んな意味でやたら気になります。
安定のエロボイスですね。



一周目はまるまるプロローグのつもりで!という、半ば何かのトラウマなのかよく判らない覚悟を自ら強いてプレイしていたのですが、やっぱり長かったですね。
判ってるからいいんですが。

先がいまいち見えないなあ、と思いながら何となくプレイしていたら……
突然、まさか!?これで影時間が消えないなんて!?という事態に陥り。
やめて!あのダジャレ好きの理事長は何処行ったんですか!という叫びとともに、えっ…ブルータス、お前もなの…という衝撃に襲われ。
フラグ全落としなバッドエンドに涙しつつ。
戦いはこれからだ!と、カリッジポイントを削りながら時空を跳躍するのでした……
そんなお話ですね。
(判るひとにしか判らない)

理事長はまだいいですよ、怪しかったですからね、でもちょっとアイツは……
なんで爆発しちゃったの!という驚きがさすがに拭えませんでした。
あれは絶対兄の愛情が足らなかった所為ですよ……
まああの、なんであの子だけ現代に残る設定なのかな…と疑問に思ってはいたんですが、それなりに役目はあるようだったし、そうだよね、そういう役目も必要だよね、と思い始めていたのに。
おおう恐ろしい。

しかしこれ。幕末だけに、なんて外法?という感じです。
そして、戻ってきたら何故か茶屋で眠っていて、額には傷が残っていたのでした…と言われてもわたしは驚かないよ。

なかなか普通に面白いと思います。
今回はちょっと、最初からすごく好かれる方向の設定ですけども。
まあわたしはそれでも別に全然構いません。
4は4で好きだったし。
3もおもしろかったですが、個人的には3をそこまで特別には思っていないですし……わたしの場合。
みんなそれぞれにすきです。


さて、これから各キャラルートへ突入です。
誰から見ようかなあ……



スポンサーサイト

プレイ記 | comment(0) |


<<お返事です | TOP | お返事です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。