melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/05 (Sat) 新しい!

えー、多分眼科だったと思うんですが、行ったら、医師が足立透だったという夢を見ました、あやです。
白衣でした、足立透。
ものっそい適当でした、足立透。
足主文章を読んでいたからだとは思うのですが、だからといって何故医師……
己の頭の中身を心配します。



東京鬼祓師鴉乃杜學園奇譚、は、とうきょうものはらしからすのもりがくえんきたん、と読むそうですね。
雑誌記事立ち読んできました。
主人公の七代、後ろ姿がちょうかっこいいですね。
某飛河っぽい子がいて緑川ボイスかな!と思ったら浜田ボイスだったので吹きそうになりました。
……という事はこの子が七代のよめですか?
まあ全然問題ないですけど!
剣より拳!と熱く語っていた子もかわいいですね、仲良くなった相手にはやさしい、とかね。
またふたりの仲間を連れてダンジョン探索するっぽいですね。
監督ノー参加なのにちょっとほんとにアレ過ぎる事にアレに似たアレを感じざるを得ないわけですが、でもアトラスだし!みたいな欲目というか言い訳というかなんなんでしょう?
この気持ちをどう表現したものか。
とりあえず。
七代の名前を変換できるようにしておくというのが、わたしの課題ですね。とにかくね。



熱を出してしまいました。インフルじゃないといいなあ……!






でも。



監督のアイデアなり指示なりが占める割合が物凄く大きかったんじゃん……
何度も何度も作り込んでやり直しての繰り返しだったんじゃん……
九龍はそのたまものだったんじゃん……

それがない、作品というのは。

いかほどのものなのだろうかと、思うこころもありますのよ。ね。

期待はしたいのですけれど。
思う存分、手放しに期待させられたいのですけれど。






スポンサーサイト

東京鬼祓師 | comment(0) |


<<妥協と納得と向上心と摩耗 | TOP | アレとは違うのだよ、アレとは!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。