melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/23 (Thu) ホネ泥棒


文章頁に在る鬼祓師文章の数が、40個になったようで。
書き手が一番驚いております。
40って。そんなに書いた覚えはないんですが……
ストイックに自分自身の為だけに書く、というのはあまり出来ない方なので、これだけ増えた
というのは反応を下さる天使のお陰なのです。まじ天使ですね。
そんなわけでほんとうにありがとうございますがんばります。
品質は向上していきませんが向上心はあるつもりです。
どちらかといって逆の方がまだ良さそうだな……

はやくよませろボタンもまた頂いてますし、ほんと頑張りたい。


ポケモン関連もありがとうございます。
コジョンド……覚えておきたいと思います、ものすごく忘れそうな名前ですが……
結局、ダゲキを連れていきました、かわいくないけど強い。
バッチ二個目をようやく取りました、一応追記へ畳みます。


いやーそれにしても雷がすごかったですね、何度眼を醒ました事か。
かみなりなう!って呟けばよかったと思いました、なかなかなんというかタイムリーに使って
いけませんね。

しかしついったはわたしもどういう点が面白いのかさっぱり判らなかったんですが、やってみて
何となく判ってきました。
ひとの生活の呟きを逐一見て楽しむというよりは、覗いてる時間さえ合えばちょっとだけでも
すぐ出来る簡易チャットみたいな感じなのですね。
ごくごく個人的なメモ書き風に使うから交流要らん!という方も勿論いらっしゃるのでしょうが、
知ってる人もやってる場合であればそういう使い方が出来るし面白いのかなと思います。
気軽に話せますね。







かわいくないんですが、胴着着用の青い岩男ダゲキを連れて試しの岩を殴ってもらいつつ、
二番目のジムへ行ってきました。

なかじま が とびだしてきた!

ジムへ入ろうとしたのにどんどん押し出されちゃって。後退りする主人公にときめき。
相変わらず話したい事しか話しませんねえ、なかじま。
きみもそんな未来が見たいだろ、と言われ、見たいと答えてしまいましたがこれは何か意味があるんだろうか、どきどき。
無いとは思うんですが。
そして相変わらずよわかった……
英雄になってぼくはきみとトモダチになる!って言ってましたが、ここでのきみ、というのは別に
主人公の事じゃなくて伝説のポケモンの事ですよね?
一瞬主人公の事かと思ってびびりましたが(だって何処向いて言ってるんですか)ちがうよね。
万一主人公の事だったりしたらそれはもう、文章を書かざるを得ないけども。

気を取り直して博物館突入。
何処でもおいしいみず、くれるんですか……や、やさしいな。
ジムの中って何処もちょっとした仕掛けがあるんですね。
アロエさんが肝っ玉母さんなのに対し、旦那さんがなんかやわらか系で…ほほえましい夫婦。
アロエさんはつよかったです。
特に二匹目がね。ねむり攻撃とかたきうちがね。ねむけざましが底をつきましたよ!
ダゲキも瀕死になるし……ジャノビー(ツタージャ)のやどりぎのタネが無ければ危なかった。
ねむりながら相手のヒットポイントを削ってくれましたよ。そして勝利。
いやー良かった。
しかし三匹くらい瀕死ですし散々で……と思っていたらプラーズマー来襲で。
ちょっと焦りました、連戦だったらもうまともに戦えるやつ居ねェよ!という。
せ、せめて回復薬を!と思っていたら、さすがの展開でした。
すばらしい。
回復も存分に出来るしセーブも出来るしレベルさえも上げ直せますよ。ああよかった。
それにしてもアーティさん……自分もまっすぐ行きたいんですが…ずるいよ。

そして一大事になったらいきなり何処からともなく現れる幼馴染ふたり。
今まで何処に居たんだいきみたち……
どうしていつも俺を置いていくんだい……
世話は焼いてくれるけどいつも置いていくんだもの。
事情もよく判ってないのにとりあえずちゃんと博物館の留守番をしてくれる眼鏡がちょっと
たのもしいというか、かわいいです。
あれはいいヨメだなあ……いやオカン……

とりあえず、今からプラーズマーを追い掛けていこうと思います。
ホネ返せ、ばかやろう。



スポンサーサイト

プレイ記 | comment(0) |


<<勝手にお返事です | TOP | 鬼祓師小話 / 七代と雉明の他愛の無い話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。