melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/17 (Mon) 来いよ、お前も!!!

四倍角どころか十六倍角でそう思った。
相変わらず奴は嗜虐心をやたらに煽る女王様ヒロインですよ。

そんなわけで花札全部集まりました、わーい!!
頑張った……
洞にあるより依頼で集まる方が多いんじゃねえかとか思いました。

それから、死亡台詞収集という非常に不謹慎な遊びをしておりましたので
そのあたりの事も、合わせて追記へ。







とりあえず言いたい事は、

なぜ、会いに来ない、仙人よ。

テメエェェェ、封札師を弄びやがって…………

来ない理由は、宝探し屋の旦那が離してくれないから、という事以外は認めん。
でもマスターには会ってるわけで。
ああくそう。

裏の事情なぞ全部放り投げて、ちょっと残念です。いいけど。でも残念。

しかしあの井戸の声、何。

アスラ・カリーって何?
香ばしい声って何?
万物の素、カレーって何?

どういうことなの。
井戸ん中でカレー食ってるやつが葉佩なんじゃね?ってちょっと思った。
ごめんなさい。あなたのヨメがあんまりあれなものだからつい。
しかしマスターの話によると、こういうのは本来宝探し屋に依頼して探してもらうもの
だそうで、なんで旦那に頼まないの?と思ったんですが。
うん……このレシピで作ったカレーを旦那に食べさせてやる為ですね…………
だから旦那には依頼出来ないんだ。
びっくりさせたいんだ。

判った、もう、許すわ。

そして仙人が実は戦場を駆け巡るカレーナイチンゲールだった事がよく判った。
鍋を盾にしたり鍋で攻撃したりってお前、蹴り技はどうしたのよ……





そして全依頼クリアにて、マスターから特別プレゼントが。

あ、あなたもか、あなたもだったのか。

そう思わざるを得ない。
俺も持ってるんだ、一枚……みたいな感じですか(いちるちゃん)。




特別依頼、色々おもしろかったです。
一番むつかしいというか判りにくかったのはやっぱり女将ですね。
なんかあれ場所がうまくいかなくて札打ちまくってました。
いざ出たら出たでコワイしびっくりするし。

結構せつない人、多かったですね。
消えちゃうとかせつないし。
愛猫家は意外でした、あの人、近くで見るとすごい格好をしてらっしゃった。
帝都の人は違う意味でかなりびっくりしました。
こここ、これ、支給品なんだけど!
っていうか普通に中から話しかけてきてるし!
まあ、珈琲代は払ってもいいけども!
俺が雉明からのメールを何度も何度も何度も読み返してにやにやしたり、
逐一成績表の好感度チェックしてる事が、もろばれです。
ああはずかしい。
なんかあの、なごさんとは違う意味で呪われた携帯になりましたね。




で。

ミギーの死亡時台詞がおもしろいらしい、という情報を得てしまったので、
早速色々とかわいい仲間たちを連れて、洞へゴーです。

呼び出し時のうきうきした台詞がせつない。
これから七代の死亡に付き合わされるとも知らず(本当にすみませんでした)。


・オカシラの場合

まあ、普通っちゃ普通でした、オカシラらしい感じで。


・壇の場合
 
ああっ、途中で切れたし!
でも壇らしい感じでした、封印エンドの時はこんな感じだったのかなとか考えると
せつなかったりせつなかったり、せつなかったりです。


・ヨメの場合

ヨメがっ、大きい声を出したっ………!(ちょっとときめいた)


・ミギーの場合

笑わざるを得ない。
いや……堪えたけれども……堪えたけど、まさか、そんな事言うとは思わなかったんです。
どうしたんだ。
ミギーの中で俺は一体どういう存在だったのですか。
そこまで。そこまで七代が好きだったなんて本当に気付かなくて申し訳無かった。
ごめんなさい、三周目では必ずミギーのクリスマスフラグ立てるから!な!



もうね、ミギーはあの好感度高い時の呼び出し台詞もおかしいじゃないですか。
おとなしくそこでまってろ、って。
あれ聞くたびに笑いが込み上げるんですが。
自分をナチュラルにBL左側男子だと思い込んでる感じでどうしようかとね。
(あっ、だから鬼畜眼鏡なの?)
あれもかなりあれなのに、死亡台詞がこれだと、もうどうしていいのか判らないよ。
呼び方もおかしいし。
矢印もBL臭いというかオカンというかだし。
情報屋って変な生き物しかなれないのですか。
あーおかしかった……

宝方とかも気になったんですが面倒臭くなってきたので、また今度試してみます。

アレな遊びなのでちょっとオススメしづらいですが、ミギーのは、一見の価値ありかも、
知れません……




スポンサーサイト

東京鬼祓師 | comment(0) |


<<またあとでね | TOP | 鬼祓師小話 / 七代と雉明>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。