melancholia//サイトの更新履歴兼、その時々のプレイゲーム日記、二次文章など。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/17 (Fri) 鬼祓師小話 / 『円周』鍵編

予想以上に遅れてしまいましたが、ようやくお送り出来ることに相成りました。
『円周』鍵編です。鍵編というか七代編というか。
これで目出度く完結ですね!

……オチがちょっとアレなので苦情を受けてしまいそうな気がものすごくするのですが、その、えっと、お、おてやわらかに……

というわけで、お手柔らかにしてやるぜ!というおやさしい天使は追記から。






スポンサーサイト

鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/12/08 (Thu) 鬼祓師文章 / 『円周』 雉明編



さて、先日の壇編に続く第二弾、雉明編です。続きです。

これもまた壇編と同じく薄暗いです。当然のことながら。
次の鍵編は暗くならない予定なのですけども。

というわけで、そんな文章でも良いと仰られる猛者は追記から。






鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/11/30 (Wed) 鬼祓師文章 / 事の始まりと壇編



歌王子音楽は全曲出せたんですけどそのことについてはまた次の記事にまとめることにします。



というわけで、12月になる前に何とか壇編だけでも。
流れが悪いとかちょっと意味が判らない、とはそういうのはもうものすごく自覚していることなのでどうか出来るだけ言わないでやって下さい……
壇編だけ読むとすごくかわいそうで暗い気持ちになっちゃうと思いますので、続きも出来るだけ早く頑張るようにします。
まあその、次の雉明編もかわいそうなのでアレですけども(…)。
そんな暗い雰囲気の話で宜しければ追記から。









鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/08/31 (Wed) 鬼祓師文章 / 壇燈治(犬)と七代千馗(飼い主)



今までの幾つかの文章と少しずつかぶっている気がします。泣けますね。
あの、出来れば気にしないで下さいね、と無茶なことをおねがいしてみる。
会話らしい会話があまり出てこない感じなので、なんというか壇がすごくにせものですし。泣けますね。
自分的満足度は、十段階で言うなら三、くらい。

そんなアレなアレで宜しければ追記から。

壇おちつけ、で、デレ七代、な話です。





鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/07/19 (Tue) 鬼祓師小話 / 日常の話(壇と七代)



拍手コメントのお返事は下の記事でさせて頂いております、ありがとうございます!


さて、ちょう久し振りに鬼祓師文章をひとつ。
まあ、文章といってもちょう短文な上に全くオチのない話なのですが。
キッチリ作らなきゃ!と考え過ぎる必要もそれほどないのかな、とも思いまして……
まあ、ええ、たまには。ね。

そんなゆるい文章で宜しければ追記から。
壇燈治と七代千馗です。主に壇が阿呆かも知れません?



さて、色々がんばるぞ……



鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/06/03 (Fri) 鬼祓師×狩猟小話 / 壇と七代編



元々、脳の体操的な感じの短文として書き始めたのですが。
短文というほど短くはない、気がします。

結構以前に少し話していた、鬼祓師の面々にモンハンをプレイさせてみよう、というアレです。
その出だしを考えていただけなのに、思いのほか色々なことを詰め込んでしまいました。
今回は壇と七代です。
実は今後どうするか、誰を書くのか、ということについては全く考えていないのですが、まあとりあえず……とりあえずね……
モンハンをご存知ない、プレイされていない、という方でも多分お読み頂けるとは思います。多分。
ご存知の方は、壇を笑うのもいいかも知れません。よ。

相変わらずの不遜なイフ設定(時間軸無視)です。
終わってみれば、ただべたべたしてるだけのような。ウッ



そんな色々アレなアレでよろしければ追記から。


鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/05/13 (Fri) 鬼祓師文章 / 壇燈治おめでとう話

拍手とコメントを有難う御座います、この次の記事で速やかにお返事させて頂きますのですみません、もう少しだけお待ち下さいませ!



覚束無い(いつもです)文章脳を回転させながら何とか書いてみた、ので、残念過ぎる出来ではありますが、よ、ろしけ、れ、ば。
忍耐力が足りないのか集中力が足りないのか、それともやる気が不足しているのか、といえばきっと全部足りてないんだろうな。

題名の通り、誕生日の話です。
あ、いつもの通りに春夏編というかイフ設定で。


残念でもまあ読んでやろうという猛者であり天使でもある方は、追記からご覧下さいませ。









鬼祓師小話 | comment(0) |


2011/04/02 (Sat) 四月馬鹿

四月ですね。
妹が、こないだおせち食べてた気がすんだけど!と言っていました。
こないだ、というのはちょっと言い過ぎですが概ね同意です。
もう四月って。2011年も三分の一が終わってしまったということですよ……うわあ。


そんなわけで。
これを書き掛けていた時は四月一日だったのですが、もう三十分程過ぎてしまいました!
かっこわるっ。
まあ、文章をいきなり書き始めたのが四月一日の午後十時半でしたから……まあわたしにしては頑張った方でしょう……と自分を甘やかしてみる。
ちょっと思い付いた四月一日短文を追記に畳みます。
今度こそうちのアレが憎まれる話だと思います。
憎まれたいわけでは当然ないのですが、浮かんでくるネタが……なんかこう、こういう類のものばっかりだったので……まじですまんかった壇きゅん。
壇と七代です。
四月一日は春休みではないか、とか、そもそもいつなのだ、とか、そういうことは一切気になさらずにいて下さる方は、宜しければ……
急いでいたので当然ながら見直しを一度もしていないぶっつけ文章ですみません。



狩りは、アカムトルムをようやく倒せたのですが、その話はまた次の機会にします。





鬼祓師小話 | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。